めっき一筋型破り革命児

       

会社のこと

2014/12/02

会社から出ること。

近県(地元を含め)のお客様をご訪問を1日するだけで

  
    メールなどで浦島太郎


になることはしょっちゅうでございます。

出張の際、宿泊し夜に時間があれば全部のメールを
お返事することが出来るのですが、


      やはり会社を空けない方が良かったか?


と思うときもあります。

しかし、待ちの営業スタイルでは、今は通用しないと
考えているので、ガンガン外に出ますが、効果は結果は
後からついてくる・・・そのような考えないといけません。

すべてのお客様から受注することは難しいのかもしれませんが
新規開拓は怠ってはいかんと考えております。

会社内では、仕事を待っている「子供達」がいますので
その子供達が潤うような営業をもっとする必要性を!と
考えております。

浦島太郎。

いいではないか。浦島太郎でも。

すべては上手くいくようになっておりますので、
焦らず、そして危機感を持ちながら今日も飛び回りたい
と考えております。